ibaraboshi***

home > 小説 > R18

R18

落花雨の銀狐3
 本作品は性描写を含みます   通された部屋は上客用のようだった。一つ離れに整えられた部屋は広く、暖を取るための火鉢がちろりちろりと燃えている。瓦屋根を叩くのは水の音。今日もまだ細かい細かい雨が降り続いているようだった。 […](更新日:2016月9月4日)
3 初会
 本作品は性描写を含みます   徐々に傾いてきた西からの陽光が廓の町並みを焼き尽くすように差していた。  前を行く小柄な男は晩夏にも関わらず榛色の羽織をまとい、まだ日暮れ前だというのに茶屋の屋号が入った箱提灯を提げている […](更新日:2016月10月16日)
6 馴染み(後)
 本作品は性描写を含みます   宵の喧騒、すれ違う人々は憔悴しきった現世の男を怪訝な目で見ながらも声をかけることはしない。あの世もこの世もおんなじだ。皆、己の安寧を害してまで人と関わろうなんざしやしない。「この世」に楽土 […](更新日:2016月10月16日)
花散里の愛月5
 本作品は性描写を含みます   彼に抱きかかえられたまま、訪れたのは散里がこれまで過ごしていた奥宮とは違う場所だった。水晶の咲き誇る回廊を抜け、黒い大きな柱の間をくぐれば、巨大な石の門があって、それを人の姿をした龍が押し […](更新日:2016月10月23日)
UNCAGED RED DESIRE -b
 本作品は性描写を含みます   ばさりと身に纏っていた服を脱ぎ捨てる。今正に夜を迎えようとしている窓の外は一面の紫苑から紺青へと変わりつつあり、鮮やかな色水を流し込んだようなその空の色を惜しみながら、アリスゼルはカーテン […](更新日:2016月10月30日)
愛する夜のブルーマルガリータ 8
 本作品は性描写を含みます   そもそも異形というのは身体に余分なパーツが多いもので、それが頭部や顔ならばまだ良いのだが、首から下となれば人間用に作られた服が全く持って着用に不便だという重大な問題を抱えることになる。無論 […](更新日:2016月10月30日)
The scapegoat can't escape. ~陰鬱な山羊と牙を持たぬ虎のお話~
 本作品は性描写を含みます   エルダータイガー(Elder Tiger)  南方密林地帯の食物連鎖の頂点に立つ大型のネコ科肉食獣。黄褐色に特徴的な縞模様の毛並み、体長は雄の成体で2mほど。その最大の特長は長く発達した上 […](更新日:2017月4月9日)

return to page top