ibaraboshi***

home > 小説 > 魔女

魔女

GoodLuck Witches!
 下水の饐えた匂いが辺り一帯に漂っている。スモッグによって終ぞ日の光を通すことがなくなった曇天の下、轟音をたてて回り続ける巨大な換気扇にてらてらと虹色に光る液体が浮かんだ水たまり。むき出しになった配管の上を太った鼠が全速 […](更新日:2017月4月7日)
空を征く盾
 王都北西に位置する崖上の平原、通称飛翔広場は緊迫した空気に包まれていた。  生え揃ったばかりの柔らかい若草を踏み締めるのは鉄の靴底を備えた揃いのブーツ。これまた揃いの深緑色の衣装は柔らかく軽く、けれど獣の爪でも容易に切 […](更新日:2017月5月2日)
WOE 遠雷の心音
 ぷすぷすと焦げ臭い匂いが鼻の奥で燻っている。雷鳴は遠く曇天の彼方へと去りつつあるが、この雷霆の森にあった落雷は薄い白煙が昇る数を数えるだけで相当数であるということが推測された。  そして、運悪くそれらのうちの一条が空を […](更新日:2017月9月3日)

return to page top