ibaraboshi***

home > 小説 > 銀狼×青年

銀狼×青年

僕らはジャックにはならねどもかぼちゃのパイは美味しくいただく
 気がつけばキッチンの片隅でそれは異質な存在感を放っていた。鮮やかなオレンジ、大きさは子供の頭よりも更に大きく、大の大人がどうにか両手で抱えられるくらいだろうか。これほど巨大なかぼちゃをギムレットは見たことがなかった。い […](更新日:2016月10月29日)
STEEL WOLF on the BED
 何処からか犬の遠吠えが聞こえて、ギムレットはピンと耳を立てた。薄昏い月光に照らされた、これ以上なく散らかった部屋。その真ん中に正に主役と言わんばかりに鎮座する堂々とした広いベッドの上、腹這いに寝そべっているのは大きな犬 […](更新日:2016月10月30日)
UNCAGED RED DESIRE -r
 アリスゼルが青蜘蛛の元を訪ねたのは、あの騒動から五日後。今日から遡って七日前の話である。  恋人ができる。キスをする。抱きしめ合う。そして、その後の展開と言えば、昨今道端の野良猫に訊いても、間髪入れずに正しい答えが返っ […](更新日:2016月10月30日)
UNCAGED BLUE DESIRE
 目の前で繰り広げられている光景が夢であるのならば楽で良いのだが、という夢想を抱いたアリスゼルは、一度その真紅の瞳を閉じてみた。一、二、三。真っ黒な視界から逃れる為に眼を開く。目の前の光景は、相変わらず。仕方なく、アリス […](更新日:2016月10月30日)
UNCAGED RED DESIRE -b
 本作品は性描写を含みます   ばさりと身に纏っていた服を脱ぎ捨てる。今正に夜を迎えようとしている窓の外は一面の紫苑から紺青へと変わりつつあり、鮮やかな色水を流し込んだようなその空の色を惜しみながら、アリスゼルはカーテン […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 1
 紫煙が湿気を押しのけて、空へ昇る。街を少し離れ、深い密林に敷かれた街道を一人の青年がのんびりてくてく歩いている。  褐色の肌は透き通るような不思議な色合いで何事にも例え難い。手足はすらりと長く、どちらかと言えば華奢、だ […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 2
 噎せ返るような熱気が空気という空気に満ちている。息を吸い込めば、纏わりつくような湿気が肺まで到達するようで、誰もが恨みがましげに空を見上げるが、そこには爛々と輝く炎の天体が堂々と鎮座しているだけだ。抜けるような青い空。 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 3
 容赦ない弾丸の嵐によって最早板切れと化したテーブルが、ぎぎぎ、と楽しくない音をたてて崩れ落ちた。見渡す限りにテーブルというテーブルは穴が空き、椅子という椅子は引っくり返り、一部は見事に木っ端微塵。おまけにカウンターの向 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 4
 その後。  蚤という名の侵略者から己の身を救う為、駆除剤を手に入れたアリスゼルは、何となく成り行きのまま、身体中の毛皮を蚤という名の悪魔に受け渡してしまった犬までまとめて救う羽目になり。狭い自宅のバスルームに、一人と一 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 5
 朝。薄ぼんやりと開いた瞳の隙間から差し込む日差しでアリスゼルは大まかな今の時刻を知った。今日も暑くなるのか、窓硝子とカーテン越しにすでにギラギラとした太陽が覗き、殊更憂鬱な気分を煽るが、一年を通して太陽がない朝の方が珍 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 6
 ―あれから三日。  軍部は何をもたついているのか、それともアリスゼルの棲家が簡単に発見に至るには足りない余程のあばら家なのか、三日間、即ち七十二時間経過しても何の音沙汰もない。無論、彼らがすでにアリスゼルと、そして目標 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 7
 眼が覚める。  むくりと起き上がって時計を確認するとすでに昼過ぎ。相変わらず真紅の髪をがしがしと掻き回しながら、何時も通りアリスゼルはベッドヘッドの煙草を手に取る。ジッポーで火を点けて、まずは一服。ゆるりと舞い上がる紫 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 8
 《ヤツハカ》で最も巨大で最も荘厳な建造物。それは街のほぼ中心に位置する世界復興機構第十七分団支部だと言える。白亜の石造りの外門を正面に、ひたすら白い壁の建物がまるで一個の小さな街のように広大な敷地に広がっており、周囲は […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 9
 哀れな研究員ヤン・ゼーヴィスが言っていた階段は割りと簡単に見つかった。重厚な金属のドアをIDで開き、ぽっかりと口を開けた階段をほぼ踊り場を足場に跳躍する形で下りていく。何か、もっと、エレベーターとかないのかこの建物。腹 […](更新日:2016月10月30日)
UNLOCKED HEART RED 10
 結局。あの後、混乱した現場から紛れるように逃げ出して、どうにか軍部の証人喚問に召集される、などという自体は免れ。その足でほとんど真夜中、迷惑も省みず叩いた《病院》の《医師》は、大層呆れた顔で傷だらけの一人と一匹を迎えて […](更新日:2016月10月30日)

return to page top