ibaraboshi***

home > 小説 > 男娼館Spider

男娼館Spider

食欲性恋愛衝動 1
 物音が遠くから近づいてくる。なんだろうか。給餌の時間にはまだ早いはずだ。  目を開けると目の前には常と変わらぬただ薄っすらとした闇だけが広がっていた。ほぼ無意識のうちに舌を素早く出し入れすると、二股に別れたそれは鋭敏な […](更新日:2016月10月29日)
食欲性恋愛衝動 2
 端的に言うと、メルキュリアは非常に優秀な男爵のつがいとなった。  彼は男爵との交尾を拒むことは一切なかった。舌同様二股に別れた生殖器を二つの穴で咥え込む様は淫靡で妖しく、また男娼としてあるまじきことに演技というものを知 […](更新日:2016月10月29日)
食欲性恋愛衝動 3
 悲鳴のような泣き声はこの世の終わりのように響き渡り、ある者は苛々を募らせ、ある者は不安定になり、ある者は胃痛を悪化させた。他方、館を取り仕切る役目を持った男はといえば、眉間に深い皺を刻んでいつものように仁王立ちで腕を組 […](更新日:2016月10月29日)
トリックオアトリート!(お客様次第でどちらでも!)
「青蜘蛛様」  背後からかけられた声に振り返ればそこには全身を包帯でぐるぐる巻にされたミイラ男がいた。一瞬面食らった男娼館の主人はそうか今日はハロウィンかと暦を思い出して平常心を取り戻す。娼館に住まう男娼から従業員に至る […](更新日:2016月10月29日)
あゝ甘やか、砂糖菓子ついばむ鳥よ
 熱帯の外れに位置するこの都市は季節を問わない高温と湿気にいつだって苛まれている。日が落ちてから昇るまで、太陽が隠れるわずかな間こそ気を緩めることができるけれど、逆に言えば白く霞んだ空に直視できないほどの熱球が引っかかっ […](更新日:2017月2月20日)
The scapegoat can't escape. ~陰鬱な山羊と牙を持たぬ虎のお話~
 本作品は性描写を含みます   エルダータイガー(Elder Tiger)  南方密林地帯の食物連鎖の頂点に立つ大型のネコ科肉食獣。黄褐色に特徴的な縞模様の毛並み、体長は雄の成体で2mほど。その最大の特長は長く発達した上 […](更新日:2017月4月9日)

return to page top