ibaraboshi***

home > 小説 > 狼×青年

狼×青年

ヤツハカ ウォッシャブル・ベイビー
 夜明けから気温はウナギ昇り、食中毒警報は日常茶飯。どこからともなく現れる雷魚は絶え間なく吠え、昨日降ったスコールが酸っぱい匂いを拡散しながら不快指数を押し上げる。  そんなヤツハカにも年に数度、なんの誰の気まぐれか、驚 […](更新日:2017月9月10日)

return to page top