ibaraboshi***

home > 小説 > 戦闘

戦闘

空を征く盾
 王都北西に位置する崖上の平原、通称飛翔広場は緊迫した空気に包まれていた。  生え揃ったばかりの柔らかい若草を踏み締めるのは鉄の靴底を備えた揃いのブーツ。これまた揃いの深緑色の衣装は柔らかく軽く、けれど獣の爪でも容易に切 […](更新日:2017月5月2日)
現代帝都 知らぬ神より馴染みの悪魔
 母が死んだのは京雀王(かなどめ じゃくおう)が七つのときだ。  生粋の独逸人だった母親は棺に納められてもなお西洋人形のような美しさを損なわず、まるで今にも起き上がってミルクと砂糖の匂いがする手で優しく頭を撫でてくれるか […](更新日:2018月3月24日)

return to page top