ibaraboshi***

home > 小説 > 悪魔

悪魔

現代帝都 触らぬ悪魔に祟りなし
 ガス燈がぼっぼっと鳴いている。  帝都は霧に包まれていた。指先を動かすことも億劫なほど重たい湿気を含んだ空気はじわじわと身体にまとわり付き、肺を満たす空気は雲でも飲み込んだかのように湿っている。  日没からしばらく経っ […](更新日:2017月6月29日)
現代帝都 コキュートスで朝食を
 毎朝、まるで生まれ変わったかのような気持ちで目が覚める。  ベッドから起き上がるとまず掌を見下ろすのは最早習慣だった。小さな爪、柔らかで白い皮膚、何一つ傷付けることのできない無力な手。白銀の髪は生まれたての氷のように透 […](更新日:2018月3月18日)
現代帝都 知らぬ神より馴染みの悪魔
 母が死んだのは京雀王(かなどめ じゃくおう)が七つのときだ。  生粋の独逸人だった母親は棺に納められてもなお西洋人形のような美しさを損なわず、まるで今にも起き上がってミルクと砂糖の匂いがする手で優しく頭を撫でてくれるか […](更新日:2018月3月24日)
現代帝都 デッドロック・ブラザー・シンドローム
 夏休みは家族みんなで海に行った、という話を同級生から聞かされる度にうらやましくてしょうがなかった。真っ黒に日焼けした肌もぱさぱさに傷んだ髪もまだそこかしこに残っているかのような潮の香りも何もかも、小鳥遊闇月(たかなし  […](更新日:2018月3月31日)

return to page top