ibaraboshi***

home > 小説 > 少年

少年

現代帝都 触らぬ悪魔に祟りなし
 ガス燈がぼっぼっと鳴いている。  帝都は霧に包まれていた。指先を動かすことも億劫なほど重たい湿気を含んだ空気はじわじわと身体にまとわり付き、肺を満たす空気は雲でも飲み込んだかのように湿っている。  日没からしばらく経っ […](更新日:2017月6月29日)

return to page top