ibaraboshi***

home > 小説 > 吸血鬼

吸血鬼

WOE 遠雷の心音
 ぷすぷすと焦げ臭い匂いが鼻の奥で燻っている。雷鳴は遠く曇天の彼方へと去りつつあるが、この雷霆の森にあった落雷は薄い白煙が昇る数を数えるだけで相当数であるということが推測された。  そして、運悪くそれらのうちの一条が空を […](更新日:2017月9月3日)

return to page top