ibaraboshi***

home > 小説 > 吸血行為

吸血行為

魔女は銀の弾丸を抱いて眠る
 「それ」は月のない夜に限られると決められていた。  いつから「そう」なったのか、アレクセイはすでに記憶していない。ただ霧が森の全てを覆い尽くす夜、薄い雲が空一面に広がりやがて重なり合って深い闇を呼び込む夜、湿気を含んだ […](更新日:2016月10月29日)

return to page top