ibaraboshi***

home > 小説 > 九尾狐×青年

九尾狐×青年

落花雨の銀狐1
 雨が降っていた。白く煙るような雨だ。細かい雫が幾筋も天上から降り注ぎ、土も木々も草も花も人さえも濡らす。降り注ぐ雨音には国境も街も関係なかった。それは、曇天に覆い尽くされた斉(サイ)の国、王都も例外ではない。立ち並ぶ蘇 […](更新日:2016月9月2日)
落花雨の銀狐2
 宴が催されていた。  遊戯台の設置された広間には妓楼・銅屋に莫大な銭を落とす上客が何十人。その相手として、酌をし、舞を踊り、楽を弾き鳴らす女はそれよりももっと多い。華やかな花魁衣装に華やかな髪飾り。焚き染めた香の匂いは […](更新日:2016月9月4日)
落花雨の銀狐3
 本作品は性描写を含みます   通された部屋は上客用のようだった。一つ離れに整えられた部屋は広く、暖を取るための火鉢がちろりちろりと燃えている。瓦屋根を叩くのは水の音。今日もまだ細かい細かい雨が降り続いているようだった。 […](更新日:2016月9月4日)
落花雨の銀狐4
 風が吹く。新緑を打ち鳴らす爽やかな涼風の余韻に、山の全てが応えるかのようにざわめく。白水晶が所々に見え、豊かな山肌には美しい花が咲き、清流の流れが緩やかな音を立てる麗峰の名は幽蕾山。神仙が降りし場所だからこその美麗故、 […](更新日:2016月9月4日)
花紡ぎ人
 美しく整えられた庭先だった。もう牡丹の花弁は散ってしまったが、それに変わるように初夏の花が咲く。山躑躅に夏椿、額紫陽花の密やかな花が開くかと思えば、山脈を伝って流れる銀色の小川の畔には花菖蒲が咲く。もうそろそろ梔子の花 […](更新日:2016月9月19日)
蒼天に妖の唄
 神仙は基本的に殺生御法度。当然のことながら、己が口にするものでも生き物を殺してはならぬということになっている。しかしわざわざ定められずとも、仙となれば誰もが生臭を口に入れるのを自然と躊躇うものらしい。天羽は以前は好物だ […](更新日:2016月9月19日)
月瑯々
 大きな望月が空にぽっかりと浮かんでいる。  紺色の夜空に砂金のように散りばめられた星と、並々ならぬ存在感を宿して浮かぶまん丸の月。今宵は満月。冴え冴えと射るような白金の光は常日頃よりも明るく、薄い雲から天羽の眼前に広が […](更新日:2016月9月19日)
巡り紅葉の刻を
 白い半紙を小鳥が留まった青銅の文鎮で押さえると、天羽は真っ直ぐに背筋を伸ばし、真剣な面持ちで筆を走らせた。留紺の着流しに絞り染めの羽織を肩から掛けるに留め、文机の上には硯と墨と共に古ぼけた本が一冊。恐らく長い間湿気の溜 […](更新日:2016月9月19日)
白雪の夢見る頃に
 寒椿が咲く。季節は大寒。比較的温暖な地域に属する幽蕾山霞晶洞にも僅かながら雪が積もる朝のある時期だ。  四季を計算しつくして整えられた庭は無論、春の華やかさを待って、静かに沈黙している草木が多いのだが、それでも、艶やか […](更新日:2016月9月19日)
泡沫の童遊び
 神仙には風呂に入るという習慣がない。  正確には風呂に入る必要がないと言うべきだろうか。そもそも神仙とは生物の理を超越した存在であり、その気になれば食事も睡眠も何ら摂ることなく、数十年数百年と命を繋いでいくことができる […](更新日:2016月9月19日)
蜜色の月酔い
 遠くから楽の音が聞こえてくる。高らかに弦を爪弾くのは宮廷にお抱えの一級の楽師たちであろう。性能の良い鼻と耳にはよく届く。宮廷人たちの笑い声と杯を打ち鳴らす音、豪勢な食事、芳醇な酒。席を賑わすのは美しく着飾った女たち。紅 […](更新日:2016月9月19日)
嵐の夜に~落花雨の銀狐編~
 瓦屋根を雫が叩く音がする。重たい雨戸を引き開ければ、生ぬるい風が顔に吹き付けた。嵐が来るのかも知れない。降りしきる霧のような飛沫を顔に受けながら、女はぼんやりと曇天を見上げた。  雨が降れば思い出す。まだ苦界に身を沈め […](更新日:2016月9月19日)

return to page top