ibaraboshi***

home > 小説 > 主従

主従

現代帝都 知らぬ神より馴染みの悪魔
 母が死んだのは京雀王(かなどめ じゃくおう)が七つのときだ。  生粋の独逸人だった母親は棺に納められてもなお西洋人形のような美しさを損なわず、まるで今にも起き上がってミルクと砂糖の匂いがする手で優しく頭を撫でてくれるか […](更新日:2018月3月24日)

return to page top