ibaraboshi***

home > 小説 > 七つの大罪

七つの大罪

現代帝都 コキュートスで朝食を
 毎朝、まるで生まれ変わったかのような気持ちで目が覚める。  ベッドから起き上がるとまず掌を見下ろすのは最早習慣だった。小さな爪、柔らかで白い皮膚、何一つ傷付けることのできない無力な手。白銀の髪は生まれたての氷のように透 […](更新日:2018月3月18日)

return to page top