ibaraboshi***

home > 小説 > ホール・ケーキ・ワールド

ホール・ケーキ・ワールド

その他 チョコレートドラゴンと砂糖菓子の妖精
 とある世界、とある時。砂糖菓子の妖精たちの間でまことしやかに囁かれるおとぎ話がございました。曰く、ガナシュの森に住むというとびっきりのチョコレートドラゴンと「つがい」になることが出来たなら。その幸運な妖精はそれはそれは […](更新日:2018月3月6日)
その他 ソルトゼリーフィッシュと氷の人魚
 とある世界、とある時。北極に程近い冷たい海に一頭の人魚がおりました。  グレーズのような白銀の髪、ソーダアイスのような薄青の瞳、そしてよく練り込まれた飴のようにきらめく唯一無二の緑青の鱗。美しい人魚は誰もが羨む容姿を持 […](更新日:2018月4月10日)
その他 夢見る調達士とティラミス・ケンタウロス
 この世界のすべての生き物はお菓子でできている。  だから当然お菓子でありながらお菓子の原料になる生き物もいて、それらを捕獲し、製菓職人に引き渡す調達士は公然たる職業として成り立っていた。  彼らが調達「屋」ではなく、敬 […](更新日:2018月4月10日)
その他 糖蜜コウモリと珈琲の魔女
「オヤ、なんだってこんな薄汚い」  それはただのぼろ布のように見えた。ところどころはげた毛並みは、汚泥にまみれ、ごみを巻き込み、真っ黒に汚れた上によくない臭いもしていた。しかし、女は事もなげにそれをつまみあげると、しげし […](更新日:2018月10月31日)

return to page top