ibaraboshi***

home > 小説 > ジャッジメントシティへようこそ!

ジャッジメントシティへようこそ!

その他 青年ギロチンと少女アイアン・メイデンの平凡な日々
 ジャッジメントシティの空は常にどんよりと曇っている。  否、常に、とは言い過ぎた。  週に一度ならず二度、薄雲をささやかに切り裂いて仄かな陽光が蜜色の石畳や赤いアパートメントの屋根や灰まみれの掃除屋たちが顔を覗かせる煙 […](更新日:2018月3月6日)

return to page top