ibaraboshi***

home > 刀剣乱舞

刀剣乱舞

雑記 佐野美術館2018
 今年も佐野美術館で開催されている日本刀の展示「上杉家の名刀と三十五腰」と三島市の刀剣乱舞コラボスタンプラリーに行ってきました。  今回は上杉家に代々伝来の刀がメインとのことで、佐野美術館所蔵の火車切広光も大々的に展示さ […](2018年1月18日)
雑記 没後150年坂本龍馬展
 行ってきました。  荷物はロッカーに、音声ガイドも借りて、準備万端です!あんまり美術館で音声ガイド借りることないんですけど、展示品の説明だけではとても伝えきれないだろうなあという情報量ですごくよかったです…!お声も情感 […](2017年7月14日)
刀剣乱舞 戦力拡充
巴ちゃんは来てくれなかったけど(資材が尽きた)、明石が来てくれましたやったー!おま、お前ほんと何年越しだよ…!!('、3_ヽ)_(2017年7月8日)
雑記 鶴岡旅行
 静岡から約6時間!新幹線と特急を乗り継いでやってきました鶴岡!遠かった!目的はもちろん致道博物館での信濃藤四郎展示および刀剣乱舞のコラボです。  写真は駅にて乗ってきた特急きらきらうえつとコラボのぼり。この旗が街中のい […](2017年5月22日)
刀剣乱舞 キミがタメ(物吉貞宗、後藤藤四郎)
※妄想です※ 「物吉、頼んだ」 「はい!みなさんに幸運を!」  江戸城調査任務が下った本丸では連日調査部隊の派遣が続いていた。中でも必ず部隊長を命じられるのは物吉貞宗。無銘刀ながら携えて戦に出れば負けを知らぬとの逸話から […](2017年4月2日)
刀剣乱舞 忠実なる狂犬(乱藤四郎、女審神者)
 そもそも会議は煮詰まっていた。  言いようのない苛立ちは積もりに積もって部屋中を重苦しく支配し、淀んだ空気は更なる険悪の種をまく。だからきっと彼女がその一言を発さずとも何かがいつかは引き金となったはずだ。けれど彼女は決 […](2017年3月27日)
刀剣乱舞 本丸防衛戦開幕一刻前
 這い寄る春の闇が山の奥から降りてくる霞を食らって黒を深め、ただじっとりと息をひそめているような夜だった。  すべての部隊は大きな損害もなく無事帰還。刀剣男士たちは揃って夕餉を終え、各自風呂に入ったり、雑務をこなしたり、 […](2017年3月19日)
刀剣乱舞 猫も小判と夢うつつ(後藤藤四郎)
 後藤藤四郎はご機嫌だった。  その証拠につやつやと鼻は濡れ、針の先みたいな小さな爪は前足の丸みから出たり入ったりを盛んに繰り返していた。ふくふくと広がったひげ、極限まで細められた目。黄褐色にトラ柄を白で描いた毛並みは太 […](2017年2月22日)
刀剣乱舞 今生は邯鄲の夢なれど(信濃藤四郎)
 うつらうつらと眠気が頭の周囲を飛び交っている。こたつの奥まで突っ込んだ手足は温かく、背中には午後の日差しがたっぷりと当たっていた。  一枚板を切り出した天板の上に片頬を押し当てた信濃藤四郎の視界は狭い。床の間には日本水 […](2017年2月19日)
刀剣乱舞 この掌でできること(信濃藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、薬研藤四郎)
「あっ」  片手で割ろうとした卵は力の入れ具合を誤ったことにより見事に粉々に砕け散った。中からこぼれ出す半透明の白身は信濃藤四郎の掌を濡らし、半球状の黄身は湿った音を立てて作業台の上に落ちると見る見るうちにその形を崩して […](2017年2月15日)

1 2 3 4

return to page top