ibaraboshi***

home > ブログ > 雑記 最近のゲームのはなし

雑記 最近のゲームのはなし

 ここ数か月くらい何してたってゲームしてたが??ってかんじだったので、やったゲームの感想書きました。書いてたら調子に乗って考察みたいなこと書いちゃったけど、基本ネタバレなしです。ゲームが本職です。瓜野です。



■ファイアーエムブレム 風花雪月
 FEシリーズ初挑戦。よく考えたらシミュレーション自体、サモンナイト2ぶりでは…?という事実に震える。
 地獄地獄との前評判でしたが、個人的にはそこまで言うほどでもという感想。戦火に巻き込まれる大陸において、教師として士官候補生の生徒たちを指導し、彼らが戦場に散りゆくさまを見守るまたは切り捨てるというめちゃくちゃドラマチックな展開ではあるにせよ、誰もが信念をもって戦うさまは清々しくも美しいです。あと、先生はかわいいし、個別エンドはアー!ってなるし、この結末は多くの犠牲の上に立っているとあんまり考えると悲しくなってくるのでやめましょうね。

・よかった点:ドラマチックなシナリオ、豊富な会話イベント、やりごたえのある戦闘システム
・あんまりだった点:1度戦闘が始まると長いのでちょっとだけプレイには向かない、装備品・アイテム管理が煩雑

三つの国、三つの学級、そしてあなたの物語。2019年7月26日(金)発売、Nintendo Switch『ファイアーエムブレム 風花雪月』の公式サイトです。



■ポケットモンスター ソード・シールド
 ポケモンは初代からほぼ全作プレイ済み。ポケモンシリーズは歴史が長いだけに何度かコンセプトの転換を迎えていると思うのですが、今回もそうかなーといった印象。
 一言でいうと「ポケモンは世界を救うのをやめた」のではないかと(結果的には今回も救ってますけど)
 今作の特徴として「ポケモンバトルは競技」「明確な『悪の組織』が存在しない」などがあり、最終的に世界に危機をもたらした人物でさえ、その発端は悪意ではなかったと取れる描写があります。主人公たちが挑むのはあくまでジムチャレンジを中心にした冒険であり、それに必要なものは惜しみなく与えられるし、それを阻害するものがあれば大人たちが守ってくれる。この方向性を「物足りない」とみるか「好ましい」とみるかは個人の感性と……あとま~~~世代ですかねえ。
 子供たちはなんの疑問も持たずにポケモンとの冒険を楽しみ、かつて子供だった大人たちは新たに与えられたポケモンの世界をもう一度大人の視点楽しむ(ちょっと余談だけどアニポケがあんなかんじでWebアニメがあんなかんじなのもその辺意識してではないかと)
 個人的にはジムバトルBGMかっこいいー!って思ったし、ダイマックス?ポケモンが巨大化するだけでしょ?って思ってたのに実際目の当たりにしたらめちゃくちゃ興奮したりで、本当に楽しませてもらいました。エキスパンションパスも楽しみだなー!!

・よかった点:しっかりした世界観とそれを見せるシナリオ、ジム戦かっこいい、ポケモンかわいい、ワイルドエリア楽しい、お着換えめっちゃ楽しい
・あんまりだった点:よくも悪くも古き良きコマンドバトル

『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト。『ポケットモンスター』シリーズ最新作 11月15日(金)発売! 好評発売中!



■Coffee Talk
 インドネシアのデベロッパー発ビジュアルノベルゲーム。PS4、Nintendo Switch、Xbox、windows10のマルチプラットフォーム対応。
 人間とそれ以外の種族(エルフ、オーク、人狼など)が普通に暮らす現代のシアトルを舞台に真夜中しか開かない珈琲店の店主となってお客に飲み物を提供する、というのが作品の主題。会話選択肢はなく、提供した飲み物によって物語がちょこっと異なるが、基本は一本道でプレイ時間も3~5時間程度。また、海外メーカーの作品ではあるが、翻訳にも力を入れており、違和感のない日本語で作品を楽しめるのも嬉しい。
 劇的なことが起こるわけでもなく、あくまでマスター(バリスタ)として客の話に耳を傾けたり、飲み物を出したりする「だけ」なのだが、チルなBGMと懐かしい感じのドットに終始癒されっぱなしで、ほっこりしている間にあっという間に時間が経過する。
 登場人物たちも非常に魅力的で、蛸足人魚のアクアが店に入ってくるときは足音が濡れていたり、エルフとサキュバスのカップルは結婚を反対されて悩んでいたり、人狼は満月で意思に反して変身して狂暴になってしまったりと、異種族である彼らの日常は独特だが、よくよく話を聞いてみると「それこそファンタジーのような人間しかいない世界」に住む我々と同じような問題を抱えていることに気付かされる。
 ……というようないい感じのレビューも各所で読めるので気になったらぜひプレイしてみてくださいね!
 個人的には吸血鬼のハイドさん(ヴィーガンでモデル)と人狼のガラさん(医療事務員)の二人のこう、親友以上の関係性が……でもあくまで客と店主以上の情報はご提示されないので……だからこそ考察のしがいがあるというか……みんなやろ……そんで私と語って……頼む……

・よかった点:完成された雰囲気とBGM、魅力的なキャラクター、飲み物を作る・メニューを探す工程が楽しい
・あんまりだった点:ボリュームは少なめ、ラテアート難しい

新しい記事
古い記事

return to page top