ibaraboshi***

home > ブログ > 20181008 現代帝都「六畳一間の紅一点」

20181008 現代帝都「六畳一間の紅一点」

「六畳一間の紅一点」
現代帝都/約3500字/陸人魚・魚住つづらと化け蟹・西加仁子とただの金魚

 人外アンソロジー企画「STRANGER」に寄稿した作品が手元に帰ってまいりましたので、再掲いたしました。
 つづらと仁子の変わり映えしない日常に一匹の金魚が投入されたことによって引き起こされる居心地の悪い数日間の話です。割とつづらが人魚らしいというか、人外じみた思考をしています。角度によっては可愛らしいかも。
 パートナーが全然カテゴリの違うもの(人間とか陸の妖怪とか)と仲良くしてても気にも留めないくせに、自分と同じカテゴリのもの(魚類)と仲良くした途端嫉妬するの性癖です。

新しい記事
古い記事

return to page top