ibaraboshi***

home > ブログ > 雑記 最近読んだBL漫画

雑記 最近読んだBL漫画

 ブクログでレビューを書いたものだけご紹介。どれも面白かったです!最近は早々に電子書籍になるので有難いですね。



著者 : 佐崎いま
双葉社
発売日 : 2017-11-10
たまかわいい!!!
人外要素少なめかな?と思ったんですが、人型とはいえ猫の一種という設定の猫又なので、猫要素もあってよかったです。
「ショタ攻の醍醐味は成長してから」派閥に所属しているので前半も後半もとても楽しめました!大人になってからもとても可愛くてピュアなたまと、そんなたまのおかげで、たまのために、元彼としっかり決別できた昌平さんが素敵でした。

著者 : ハジ
cannaコミックス
発売日 : 2017-06-26
骨太のファンタジー設定、雄っぱい際どい無骨な魔女ハンター、情に厚い人狼(大きさ可変)、おっぱいどーんな悪魔のお姉さま、陽気な精霊のお姉さん、愉快な狼たちと盛りだくさんでめちゃくちゃ楽しかったです!
人狼のフェンは人間の姿にもなれるけど、狼にもなれるので、もふもふを堪能できて最高でした。ゴルダの方は無表情で落ち着いているかと思いきやの天然で、フェンがどんどん入れ込んでいく様とそれに絆されるゴルダの、繰り広げられる本格バトルアクションを主軸とした物語とは若干ミスマッチなほのぼの恋愛模様もとても可愛らしい…!
内容に比べて尺が足りないのか、駆け足の印象を受けたので、次はぜひ長編でお願いいたします…!本当にもっと続きが読みたいと思う作品でした!

著者 : 日野晶
リブレ
発売日 : 2016-10-08
とても面白かったです!
基本王道な権力者と被支配者のボーイズラブなのですが、そこに宦官の仕組みや王宮の習わし、宦官どうしの愛憎が絡み合って、薄い物語ではなく、ちゃんとしたファンタジーになっています。
とはいえ「頭の中がお饅頭」(笑)と称される海燕はとても素直で可愛くて、対する皇帝もよいお人のようで、始終にこにこ安心して読めました!
打って変わって宦官世界の闇漂うような後編の太子と宦官もすごく好きです!最後に海燕と麗琳の物語が交わって終わるところは感動でした…!大団円!
(電子版描き下ろしカラーイラストの受ちゃん二人もとても美しくて眼福です!)


新しい記事
古い記事

return to page top