ibaraboshi***

home > ブログ > Tips 簡易バックアップツール

Tips 簡易バックアップツール

 普段、テキストはすべてOneNoteに書いているのでバックアップとは無縁なのですが、同人誌のファイルや画像ファイルなどやっぱり失われると困るファイルなども多々ありまして。
 それらは通常外付けのHDDに、加えて作業後にバックアップとしてPC本体のDドライブに同期しています(普通は逆の方が多いかな)
 とはいえ、普通にコピーするのは面倒なのでツールを作って運用しています。DOSコマンドを使った簡単な例ではありますが、バックアップめんどーいとお悩みの方はよろしければご活用ください。



【ツール内容】
・簡易バックアップツール
 バックアップ元フォルダとバックアップ先フォルダを同期します。同期のため、主に以下のような動きをします。
 -バックアップ元フォルダで削除したファイルはバックアップ先フォルダでも削除されます。
 -更新したファイルだけを勝手に上書き保存します。
 -変更のないファイルには何もしません
 -変更したかどうかはタイムスタンプを参照して判断しています。

【注意事項】
・本ツールは個人的な目的のために作成したため、いろいろ適当です。
・エラー処理などは行いません。
・使用方法を間違えるとすべてのデータを失う恐れがあります。
・「###注意事項」以下をよく読んで、ただしくお使いください。

【使い方】
1.枠線内のすべてのテキストをコピーします。
2.テキストファイルに張り付けて、「バックアップ元」フォルダと「バックアップ先」フォルダを指定します。
(指定はフォルダごとがお勧めです→例)D:\同人誌 とか)
(フォルダがいっぱいあるときはSRCE1~3、DEST1~3を使いましょう。使わなくてもOK)
3.適当な名前を付けたら、拡張子「.bat」で適当な場所に保存します。
4.ダブルクリックで実行します。

@echo off
setlocal

rem ###情報
rem #名称:バックアップツール
rem #作成日:20170309
rem #動作環境:Vista以降のWindowsOS(検証済み環境はWindows10)

rem ###注意事項
rem #本スクリプトは[バックアップ元]を[バックアップ先]へと同期します

rem #[バックアップ元]が空の状態で本スクリプトを実行した場合、[バックアップ先]も同様の状態になりますのでご注意ください
rem #[バックアップ元]と[バックアップ先]の指定は"""必ず"""確認してください

rem #本スクリプトは自己責任のもとご利用ください。

rem ----------------ここから下を編集してください----------------

rem #[バックアップ"""元"""]フォルダを指定してください
set SRCE=D:\***
set SRCE1=
set SRCE2=
set SRCE3=

rem #[バックアップ"""先"""]フォルダを指定してください
set DEST=F:\bkup\***
set DEST1=
set DEST2=
set DEST3=

rem ----------------ここから上を編集してください----------------

robocopy "%SRCE%" "%DEST%" /mir /R:3 /W:0 /NP /FFT

robocopy "%SRCE1%" "%DEST1%" /mir /R:3 /W:0 /NP /FFT

robocopy "%SRCE2%" "%DEST2%" /mir /R:3 /W:0 /NP /FFT

robocopy "%SRCE3%" "%DEST3%" /mir /R:3 /W:0 /NP /FFT

exit

新しい記事
古い記事

return to page top