ibaraboshi***

home > ブログ > 雑記 没後150年坂本龍馬展

雑記 没後150年坂本龍馬展



 行ってきました。
 荷物はロッカーに、音声ガイドも借りて、準備万端です!あんまり美術館で音声ガイド借りることないんですけど、展示品の説明だけではとても伝えきれないだろうなあという情報量ですごくよかったです…!お声も情感たっぷりで、段々坂本龍馬が実際に話しているのかしら?と錯覚までおぼえます。
 展示品は坂本龍馬の遺品がメインでやっぱり手紙が一番多かったです。特に印象に残っているのは龍馬が旅に出たいと言った姉の乙女に諸々旅の心得を説いているやつなのですが、文中「美人な女性と一緒に行ってはいけない」とか書いてて、おそらく言外に「姉さんは美人じゃないから心配無用」と言っているみたいで普通に笑ってしまいました。あとおりょうさんとの新婚旅行のときの手紙とか、図にイロハがあって「イ ここはこんなかんじ」とか逐一注釈が入っていて、ほんとにまめだったんだなあ、と(笑)それにおりょうさんとの新婚旅行、よっぽど楽しかったんでしょうねえ。
 それから陸奥守吉行ですね!本当に見つかってよかったというか、判明してよかったというか、これが本物かあああ!って感じられて感無量でした。隣の展示が龍馬の血痕が付いた掛け軸っていうのもまたよかった。打ち直されて反りはなく、刃文は本当によくよく見ないとわかりませんし、光が当たった瞬間にあ?これ?かな??ぐらいでしたが、陸奥守吉行をこの目で見れて本当に満足でした。
 また展示の最後には刀剣乱舞活撃のブースがあり、パネルと原画、むっちゃんの設定資料もありました。あと、外のホールには今回のコラボ展示のパネルと描き下ろしイラストの展示も。こちらは撮影可能でした。



 とにかく盛りだくさんな企画展示でした。坂本龍馬のことあまり詳しくなかったんですが、歴史を変えた人という認識のみならず、その人柄に触れられたのはものすごくよかったです。
 巡回展は静岡で最後なのかな?機会があればぜひ!お越しくださいませ!

新しい記事
古い記事

return to page top