ibaraboshi***

home > ブログ > 雑記 徳川美術館

雑記 徳川美術館

 

 名古屋市にある徳川美術館に行ってきました。
 特別展示の「粟田口大集合」では粟田口の刀剣を中心に展示し、常設展では千代姫の輿入れ道具も見られ、かつ特別企画展「金と銀の国ジパング」でもきんきらきんのお品をこれでもかと見れて大変充実した内容でした。特に鯰尾藤四郎と後藤藤四郎は一度お目にかかりたかったのでようやく会えて嬉しかったです!鯰尾藤四郎は元脇差だけあって大振りで力強く健全な印象、後藤藤四郎は吉光の短刀の中では大振りですがそれでも短刀らしいサイズ感と吉光では珍しい乱れ刃が印象的でした。もっとすっごく乱れてる刀も見たことあるのでそれに比べれば控えめかなと思いましたが、吉光はほぼ直刃なのでその中ではってことなのでしょうか。また徳川美術館の刀が基本的に研ぎなおしをしていないとのことで、刃文は確認しづらくなっているそうです。その分当時の研ぎの状態を確認できるため、貴重な資料となっているのだとか。

 

 喫茶室で鯰尾藤四郎の名前を冠したお菓子もいただきましたよ。すっごく美味しかったです!持って帰りたいぐらい!老舗の和菓子店さんが作ってくださっているそうです。黒文字も鯰尾藤四郎を模してるんですよ。切れ味抜群です(笑)

 

 庭園では青もみじがものすごく綺麗でした。広大な敷地内に大きな池があるのですが、木立の合間にもシャガ、山吹、野茨が咲き、新芽と名残の花を付けた桜もそれはそれで美しかったです。あと牡丹がたくさん植えられていてこちらも今が盛りのようでした。



 というわけで中心地からはちょっと離れてますが、景観含めて大変よいところでした。また機会があればお伺いしたいです。写真は名駅で食べた味噌カツカレーです。おいしかった。

新しい記事
古い記事

return to page top