ibaraboshi***

home > 同人誌「しぞーかおまち奇譚 その2」

同人誌「しぞーかおまち奇譚 その2」


※表紙画像はイメージです。

■ 「しぞーかおまち奇譚 その2」
A6(文庫) / 48P(約14000字) / オール書き下ろし / 300円
表紙:マットコート紙 本文:クリームキンマリ

■ もくじ
1.プロローグ
2.あぶくの見る夢
3.一国一城の一粒
4.雷鳴と珈琲
5.シロクマからアナタへ
6.エピローグ

■ あらすじ
 おまち―それは静岡市中心街を示す地元言葉。
 相変わらずのんびりで、けれど確実に移り変わっていく街並み。そこには人間の営みが確かに息づき、ついでにそれ以外のものもちゃっかり息づいている。
 ビルの壁に据え付けられた巨大な蟹のオブジェ、住宅街の真ん中にある民家のようなカレー屋、そこは小さなオーストラリアとも言うべきカフェ、一見近寄りがたい地下にある雑貨店。
 今日もおまちはお散歩日和。悩んで食べて働いて。
 全編書き下ろしの連作短編集、第二弾。

※本作だけでもお読みいただけますが、前作を読んでいただけますとよりお楽しみいただけます。

■ 頒布状況
2019.06.16 第三回静岡文学マルシェ 初頒布

■ 通販
BOOTHにて受付中
https://ibarabara-bara.booth.pm/items/1407335

2019.06.09

return to page top